岡山県、倉敷市は桃太郎ジーンズとジーンズストリートで町おこし

繊維の街、倉敷市児島はあの有名な桃太郎ジーンズとジーンズストリートで町おこし

 

ファッションに興味のある方であれば一度は『桃太郎ジーンズ』を聞いたことがあるのではないでしょうか。
今回はその桃太郎ジーンズとジーンズストリートで町おこしをした岡山県の倉敷市児島の町おこしについて紹介いたします。

桃太郎ジーンズは国内ジーンズのブランドで繊維の街で有名な倉敷市児島に本店を構えています。
倉敷市児島地区は倉敷市の南東部、海からもほど近いところに位置しています。
国産ジーンズ発祥の地とされています。

岡山といえば一番に思い浮かぶのは桃太郎ではないでしょうか。そんなすぐに岡山が連想される『桃太郎ジーンズ』、とっても良いネーミングですよね。
桃太郎ジーンズの特徴としては、生地にこだわっている、縫製がしっかりしているため長く履くことができる、色落ちがきれいといった点が挙げられます。ジーンズは色落ちを楽しむ方が多いですからこの点はかなり魅力的なポイントになりますね。
長く愛用することで色落ち具合も変わってきて年々変化を楽しめます。
もともとは同じジーンズなのに色落ちをするとそれぞれに雰囲気が変わってくるのはおもしろいですよね。

そんな桃太郎ジーンズで有名な児島地区に2009年に児島ジーンズストリートが誕生しました。
約400メートルにも及ぶこの通りではジーンズのお店はもちろん、飲食店も並んでいます。
歩いているだけでもいろいろなお店があり、目移りしてしまいます。
ジーンズ店にはそのお店こだわりのジーンズが置いてあり、お店それぞれの特徴があるようです。
すっきり綺麗に着こなしたい、カジュアルな感じでラフに着たいなど、さまざまの用途に合うものがきっと見つかるでしょう。
Gジャンやスカートも売っているようです。デニム好きの方にはたまらないですね!

海外では『メイド・イン・オカヤマ』として販売されているジーンズもあり海外の方からも人気があります。
確かに海外の方はジーンズをよくはいているイメージがありますね。
日本各地、遠くは海外からもデニムマニア方が集まるとのことです。

また、このあたりを走るバスや、設置されている自販機もデニム仕様なのだとか。
驚いたのが、デニムアイスというものも売られているのです!
デニムのインディゴをイメージした青色のソフトクリームです。
見た目や名前からはどんな味なのか想像もつかないですよね。
調べてみたところ、ラムネとブルーベリー味だそうで、爽やかでおいしそうですね。
そのほかのもデニム肉まんやデニムプリンなども販売されており、どのような味なのか気になるアイディアあふれたものがたくさんあるようです。
ジーンズストリートで食べ歩きをしたり、デニム仕様のものを探したりするもの楽しいですね。

ちなみに、10月26日は『デニムの日』と児島ジーンズストリート推進協議会にて制定されています。県の産業振興課では10月26日をデニム製品を着用する日になっているようです。
ジーパンやデニムスカートなどいつもとは違った服装で出社することで職場の雰囲気も明るくなりそうですし、気持ちも変わりますよね。
県全体で町おこしをしようとしているのかわかりますね!
ジーンズストリートでも『デニムの日』にちなんで、ワークショップなどのイベントが開催されています。

ジーンズストリートより約10分ほど車を走らせると日本で初めてのジーンズの博物館、ベティスミス ジーンズミュージアム&ヴィレッジがあります。
こちらは入場料無料でジーンズの歴史や制作過程などを学ぶことができます。
また全国でも珍しいジーンズ作り体験というものもできます!
こちらは予約が必要なようですが、税込8,800円~(2022年10月現在)自分好みのジーンズを作ることができます。
まず、試着をして好きなスタイルのジーンズを選びます。次にボタン、リベット、革ラベルを選び付けていき完成です。自分だけのジーンズなんてとても愛着がわきますよね。
ジーンズだけでなく、デニムキーホルダー作りなども実施しているようなのでぜひ調べてみてください!
ジーンズストリートでお買いもの、お腹を満たした後はジーンズミュージアムに訪れてみてはいかがでしょうか。

そして、近くにはバンジージャンプで有名な鷲羽山ハイランドや、絶景が眺められる鷲羽山展望台、少し足を延ばせば倉敷美観地区などもあります。また重要文化財にも指定されている野崎家旧宅もあります。
鷲羽山展望台は天気の良い日であれば瀬戸大橋や、海の向こうの四国までもが見渡せる絶景ポイントとなっています。
ジーンズストリートに訪れる際は周りにも観光スポットが多くあるので立ち寄ってみるのもいいですね。

ここまで、ジーンズで町おこしをした倉敷市児島についてご紹介させていただきましたがかつてはジーンズストリ―ト周辺は人通りも少なく、シャッターが下りているお店も多かったようです。
それが近年ではここまで魅力的な通りになり、各地から観光客もたくさん訪れています。
ファッション好き、食べ歩きが好きな方はきっとジーンズストリートが気に入ると思います。
またこれまでジーパンやデニムに興味があまりなかった方もこれを機に魅力に取りつかれてしますかもしれませんね。
せひ、倉敷市児島地区に足を運んでみてください!

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. アニメで町おこしの事例をご紹介

  2. 茨城県の町おこしについて今回は紹介させていただきます!

  3. 千葉県香取市は話題のグランピング施設で町おこし

  4. 山梨は様々なシーンで町おこしを!富士山、フルーツ、ハイジにトーマスもありますよ!

  5. 宮城県加美町は地域徹底PRで町おこしを

  6. 栃木県は夏祭りと自然環境や文化で町おこし

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)