栃木県は夏祭りと自然環境や文化で町おこし



栃木県河内郡上三川町では、町おこしとして夏祭りを毎年開催しています。

白鷺神社からから街へ練り出すのは、大きな4基の神輿です。4基の神輿に合わせて、お囃子などが一緒に練り出すのも夏祭りの魅力になっています。町内の人や子どもが引く神輿も練り歩くので、大勢の見物客が訪れることでも有名です。

上三川の通りで開催されている夏祭りですが、太陽が沈むころになるとお祭りのために歩行者天国へと道路が変わります。道路が歩行者天国になるのと同時に、町民や子どもの掛け声がさらに大きくなるのが特徴です。

上三川町で開催されている町おこし夏祭りは、名前が表現している通りの目的で開かれています。町民を元気にしにぎやかな街にすることが目的でしたが、達成されてきた現在では多くの観光客が訪れるようになりました。

栃木県大田原市でも、地域の人たちが協力して町おこしを進めています。日本では高齢化が進んでいますが、それは大田原市でも同様の悩みごとです。人口が毎年少なくなり高齢化が進むと、市全体から活気が薄れ元気のない街になってしまいます。

その様な状況を変え活性化するために、大田原市の市民だけではなく他の地域の人たちと協力しているのがここの町おこしの特徴です。大田原市内にある緑豊かな自然環境や文化などを生かし、農業や生活などの支援を行いながら活気のある街づくりを推進しています。大田原市の活性化のためには、地域以外に住む人たちが訪れることが必要不可欠です。

多くの人から注目されるために、市内で開催されているイベントなどの発信をしています。街全体の魅力が大きくなれば、若い人たちが自然と集まってくるようになるのが大きな特徴です。

大田原市を元気にするために必要な若い力を増やすため、様々な支援などを行っているのも町おこしの目的になっています。生活などを知ってもらうために、農業体験など様々なプログラムを開催し故郷としての魅力を発信し若い人たちからの注目を集めているのも大田原市の町おこしです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アニメで町おこしの事例をご紹介

  2. 千葉県香取市は話題のグランピング施設で町おこし

  3. B級グルメで町おこし・千葉県勝浦のタンタンメン

  4. 茨城県の町おこしについて今回は紹介させていただきます!

  5. Googleストリートビューを使った長野県小布施町の町おこし

  6. 宮城県加美町は地域徹底PRで町おこしを

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)